Product

実験小動物用 保温・バイタルサインモニター

Rodent Surgical Monitor+

マウスラット

実験小動物用 保温・バイタルサインモニター

タッチパネルで使いやすい
コンパクトなバイタルサインモニター

Rodent Surgical Monitor+ は、実験小動物(マウス・ラット等)用のコンパクトバイタルサインモニターで、動物をA4大のパッドの上に乗せるだけで、心電波形・呼吸波形・心拍数・呼吸数・深部体温(直腸温)・酸素飽和度(SpO2)*・パルスプレチスモグラム*・圧波形*を、10インチのタッチパネルモニタに表示します。

動物を乗せるパッドは、耐久性のある外科手術用スチール製であるとともに、パッド表面には温度センサーが装備されており、自動制御で実験動物の体を保温します。(ヒーター機能付)

心電計測には、超低ノイズ・高分解能の、絶縁された電子回路・増幅器が、パッド内に内蔵されています。オプション・モジュールを利用することにより、動脈血酸素飽和度の計測・信号入力や、 各信号をアナログ出力することもでき、実験データとしての出力・後解析も可能です。
麻酔下の実験や手術中の動物のバイタルサインモニタリングに最適です。

* オプション。表示項目はソフトウェアで選択します。

特長

  • タッチパネル上で操作可能
  • 温度センサー装備、実験中の動物の体を自動制御保温
  • バイタルサインをタッチパネルモニタに表示
  • コンパクトなA 4 サイズのパッド:省スペースで作業可能
温度センサー装備で、実験動物の体を自動制御保温
無侵襲実験または外科手術のために麻酔をかけている間、体温調節が充分でなくなることがあります。体温調節が不十分になると、急速な体温低下を招く可能性があります。
従来は、取扱いが面倒な、お湯を環流させるタイプのパッドを使用したり、心電図モニタリング装置と電気的な干渉を引き起こす、頭上からのランプ保温を用いていましたが、Rodent Surgical Monitor+ を使用することにより、容易な取扱いで動物の保温ができ、心電図の信号干渉も引き起こしません。
マウス・ラット計測時イメージ
左:マウス計測時イメージ     右:ラット計測時イメージ
心電図
  • 電極が固定されたパッドを使用しての計測(無侵襲) または外部電極*を使用した計測
    (* 外部電極は付属のニードル電極かオプションのものを使用)
  • Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ / aVL・aVR・aVF 誘導いずれも計測可能
  • 仰臥位または腹臥位、頭部の位置(上下)いずれも対応可能
  • 電気的に絶縁されたECG増幅器内蔵
  • 高分解能24bit シグマデルタ AD 変換器

呼吸
  • インピーダンス呼吸曲線記録法に基づく測定
  • 電極が固定されたパッドを使用しての計測(無侵襲) または外部電極*を使用した計測
    (* 外部電極は付属のニードル電極かオプションのものを使用)

保温機能・パッド温度モニタリング
  • 保温サージカルプラットフォーム(パッド)に、半導体センサを内蔵
  • 電子閉ループ温度制御 :内蔵センサーに応じた自動制御
    (低い場合:温度を上昇させる、高い場合:温度を下げる)
  • 効率的な保温領域 (電気保温)
  • パッド温度制御 (分解能:0.1℃)
  • コンパクト卓上設計 (環流水不要)
  • 安全回路付き(事故による動物の過熱を防ぐため、万が一パッドが設定温度を超えた場合、システム内部に設定された、2段階の安全温度(45℃・47℃)で、過温が無効になる仕組みを装備しています。)

※動物の体温は、直腸温を計測します。パッドに内蔵された温度センサは、パッドの保温機能制御のために使用されます。(直腸温センサが動物から抜けてしまったり、断線などがあった場合にも、動物を過熱しないため、このような設計になっています)
ニードル電極


ページの先頭に戻る

タッチパネルモニタ表示例

(各画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。)





スタディ情報登録
実験名・動物ID・ファイル名を登録します。
タッチスクリーン・キーボードが表示されます。


波形表示設定
ディスプレイに表示する波形・順番を選択します。


ECG電極設定
動物の配置(仰臥位または腹臥位、頭部の向き(上下))を、イラストを確認しながら設定します。


ECGフィルター・スケール設定
心電図用のフィルター・スケール設定です。
High-Pass・Low-Pass・Notchのフィルター設定、心電図の垂直方向スケール(mV/Div)の設定を行うことができます。


呼吸フィルター・スケール設定
呼吸用のフィルター・スケール設定です。
High-Pass・Low-Pass・Notchのフィルター設定、呼吸波形の垂直方向スケール(Ω/Div)の設定を行うことができます。


ヒーター設定
パッドの保温温度を設定します。


アナログ出力設定
アナログ出力する項目を最大8種類まで選択設定します。
(ECG波形:Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・aVL・aVR・aVF、呼吸波形、呼吸波形(fromECG))

ページの先頭に戻る

オプション

パルスオキシメータオプション (型式:907-0003-01)

麻酔深度やベンチレーションの状態を確認するため、無侵襲で動脈血酸素飽和度(SpO2)を計測するセンサーを、保温プラットフォームに接続して使用することが可能です。

※オプションをご購入いただくことで、ソフトウェア・ファームウェアのアップデートが行われます。

2種類のセンサーがございます。
  • Thigh用センサー (型式:S-SPO2-Thigh)
  • Tail用センサー (型式:S-SPO2-Tail)

※標準では、Thigh用センサーが付属します。


Thigh用センサー

圧カテーテルオプション (型式:907-0004-01)

SolidStateタイプの高精度圧力カテーテルを接続し、動静脈圧・心室圧の計測を行うことが可能です。保温サージカルプラットフォーム内に増幅器が内蔵されています。
※オプションをご購入いただくことで、カテーテルと保温サージカルプラットフォームの接続ケーブル、ソフトウェア・ファームウェアのアップデートが行われます。

カテーテルラインナップ(※オプションとは別売)
  • マウス用(1.2F) 型式:384-0001-01
  • ラット用(1.6F) 型式:384-0002-01



ページの先頭に戻る

アクセサリ

アナログ出力・トリガーケーブル (4chまたは8ch)

Rodent Surgical Monitor+で計測されたデータをアナログ出力し、他システムに入力したい際などに利用します。パッドに直接USB 接続して使用します。データの出力に加え、超音波イメージングシステムへのRトリガー入力や、その他のTTL信号出力としても活用することができます。
各チャネルは、フィルターの個別適用が可能であるとともにそれぞれ個別に出力することができます。

  • 遅延:<20ms
  • 出力可能チャネル数:
    4(型式:351-0079-01)
    8(型式:351-0080-01)

 
詳しい仕様については、こちらをご覧ください。​



直腸温プローブ

  • マウス用 (型式:382-0002-01)
  • 新生児マウス用 ( 型式:382-0001-02)
  • ラット用 ( 型式:382-0001-03)
※Rodent Surgical Monitor+本体ご注文時、いずれか1本が付属します。
(ご希望の種類を指定いただけます)

ページの先頭に戻る

仕様

保温サージカルプラットフォーム部
ECG電極 四肢電極 (RA・LA・LL・RL)
外部電極入力
[4極 3.5mm オーディオジャック
(4×13mm ステンレススチール製ニードル電極)]
保温ヒーター機能 電気加温(マルチゾーン)、保温均一性:<0.5℃、
スタートアップ時間:<2分(室温から)、
設定温度:25~43.5℃(0.1℃きざみの設定可能)
サイズ(W×L×T) 約19.3×29.5×1.9 cm
重量 約1.54 Kg
タッチディスプレイユニット
ディスプレイ仕様 10.1インチ / カラー / LEDバックライト /
容量性タッチスクリーン機能付
(サージカル・グローブをはめた状態での操作:可)
解像度 2048 x 1536 pixels
メモリ 32GB内蔵 (うちデータ保存に使用できる容量:約25.5GB)
電源 100-240V AC
プラットフォームとの接続 ワイヤレスまたは有線 [ USB-C(オプション)
ソフトウェア仕様 スクリーンショット機能、ファイル再生機能、CSV形式出力
直腸温プローブ
プローブの種類 マウス、ラット、新生児マウス用
センサータイプ Tタイプ銅-コンスタンタン熱電対
精度 +/- 0.1℃ (校正後)
構成品
Rodent Surgical Monitor + プラットフォーム
10.1インチ タッチディスプレイユニット(Lenovo製)
電源アダプタ・ケーブル
直腸温プローブ×1本
コットンチップアプリケーター(綿棒)
サージカルテープ
ECG電極用電導クリーム
取扱説明書

計測・算出パラメータ
波形 ECG Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・aVL・aVR・aVF 誘導
呼吸波形
呼吸波形(fromECG)
パルスプレチスモグラム(オプション)
圧波形(オプション)
数値算出 心拍数
(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ誘導)
60 - 999BPM
呼吸数 15 - 400BrPM
深部体温 0 - 50℃(精度:0.1℃)
パッド温度 25 - 43.5℃*1
酸素飽和度*2 80 - 100%
R - R間隔
(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ誘導)
60 - 1000 ms
圧力 - 50 - 300mmHg
*1 45℃・47℃で安全装置作動   *2 オプション・モジュール

オプション・アクセサリ 仕様
パルスオキシメータオプション
対応脈拍範囲 200-999BPM
脈拍分解能 1BPM
酸素飽和度(SpO2)範囲 80-100%
酸素飽和度(SpO2)分解能 1%
接続仕様 センサー入力:D89(1個)
MouseMonitorとの接続:TypeB USB(1個)
デバイスサイズ 約15cm×9cm×2.5cm
デバイス重量 約500g

カテーテルオプション
カテーテル
カテーテルサイズ 1.2F(マウス用)
1.6F(ラット用)
センサータイプ SolidState
カテーテル素材 ポリイミド
分解能 10uV/mmHg
アンプ
入力範囲 -50 ‒ 300mm Hg
ハイパスフィルター なし
ローパスフィルター Off、30Hz、100Hz、200Hz、500Hz、1000Hz
ノッチフィルター Off、50Hz、60Hz
キャリブレーション ゼロ校正・高点校正

アナログ出力・トリガーケーブル
BNC出力 ch数 4ch・8ch
サンプリングレート 4 KHz
DAC分解能 16 bit
出力インピーダンス 75 Ω(標準)
出力電圧 +/- 5 V
最大出力電流 30mA (短絡電流)
スルーレート 1.8V / µs
整定時間 5 µs (標準)
直線性誤差 +/- 1 LSB
ハイパスフィルター
Off、0.2Hz、0.5Hz、1Hz、2Hz、5Hz、10Hz
ローパスフィルター Off、1Hz、2Hz、5Hz、10Hz、20Hz、30Hz、100Hz、200Hz、500Hz、1000Hz
ノッチフィルター 50Hzまたは60HzのAC電源ラインノイズを抑制

※外観及び規格は予告なく変更することがありますので予めご了承ください。

ページの先頭に戻る

References

Electrophoretic large volume sample stacking for sensitive determination of the anti-microbial agent pentamidine in rat plasma for pharmacological studies.
Tůma P, Heneberg P, Vaculín Š, Koval D. Electrophoresis, elps.201700440, InPress, 2018. PMID:29292827

Cardiac-specific inactivation of LPP3 in mice leads to myocardial dysfunction and heart failure.
Chandra M, Escalante-Alcalde D, Bhuiyan MS, et al. Redox Biol, 14:261-271, 2018. PMID:28982073

Combined angiotensin receptor-Neprilysin inhibitors improve cardiac and vascular function via increased NO bioavailability in heart failure.
Trivedi RK, Polhemus DJ, Li Z, et al. J Am Heart Assoc, 7(5).pii:e008268, 2018. PMID:29502102

Glibenclamide and therapeutic hypothermia have comparable effect on attenuating global cerebral edema following experimental cardiac arrest.
Nakayama S, Taguchi N, Isaka Y, et al. Neurocrit Care, 29(1):119-127, 2018. PMID:29150777

RNase alleviates neurological dysfunction in mice undergoing cardiac arrest and cardiopulmonary resuscitation.
Ma Y, Chen C, Zhang S, et al. Oncotarget, 8(32):53084-53099, 2017. PMID:28881795

Possible role of interaction between PPARa and cyclophilin D in cardioprotection of AMPK against in vivo ischemia-reperfusion in rats.
Barreto-Torres G, Javadov S. PPAR Research, 2016: 9282087, (2016). PMID: 27051413

ページの先頭に戻る

この製品のメーカー

  • Indus Instruments
お知らせ
現在お知らせはありません。

コンタクトフォーム

カタログのご請求
価格表のご請求
見積のご依頼
その他製品に関するご質問・ご相談※具体的なお問い合わせ内容をご記入ください。

キーワードから製品を探す

検索

メーカー名や製品のモデル名・型式などから検索することができます。スペースをあけて複数の単語を入力すると、 AND 絞り込み検索となります。