Product

慢性実験テレメトリー自動計測システム(送信器ラインナップ)

PhysioTel®

複合領域・汎用心血管領域神経科学領域呼吸領域

マウスラットウサギイヌサルその他

慢性実験テレメトリー自動計測システム(送信器ラインナップ)

生体適合性が高く、長期間の生体内留置が可能な送信器

動物の生体パラメータを計測し、無線でデータを送信するデバイスです。

PhysioTelシリーズの送信器は、各種対象パラメータ・動物・ケージに対応できるよう、様々なモデルがラインナップされています。

特長

画像1
画像2
画像3
画像1
画像2

各種動物に対応
マウス・ラット・モルモット・
イヌ・サル等、各種動物種に対応
複数パラメータ計測
1匹の動物において
複数パラメータの計測が可能
長時間留置可能
送信器本体の小型軽量化・
生体適合設計により、
長期間の留置(生体内)を実現
  • 送信器のモデルにより、計測可能なパラメータの組合わせ・種類は異なります。
  • 計測パラメータには、圧(動脈圧、静脈圧、左心室圧、胸腔内圧、眼圧、膀胱内圧、陰茎内圧等)、生体電位(ECG、EMG、EEG 等)、体温、活動量が含まれます。
  • 電源のON/OFFは、体外から磁石によって行うことが可能です。(電池寿命の効率化)
  • 送信器は滅菌パッケージに納められ出荷されます。


■ 送信器の構造
送信器は、内部に各種生体アンプ・増幅器・送信回路・センサー・バッテリーを内蔵しており、外装部は生体適合性の高いコーティング加工によって密封されています。血圧計測用のデバイスには、特殊カテーテル(先端部に抗血栓作用ゲル)が付いています。
送信器の構造

■ 送信器を用いた測定
01.
圧計測用送信器(PAシリーズ・小動物用)のカテーテル腹部大動脈
挿入イメージ
02.
圧計測用送信器(PAシリーズ・小動物用)を用いた胸腔内圧の
測定イメージ
※食道漿膜内にカテーテルを挿入

From Murphy, Renninger, Gosset 1998 with permission.
カテーテル腹部大動脈挿入イメージ

■ 送信器再生サービス

ご購入いただいた送信器は、
使用後、再生することが可能です。
再生サービスにおいて行われる事項
  • リード線・カテーテルの取替え
  • 電池の取替え
  • 電子回路モジュールの復元
  • 再パッケージング・再滅菌
※再生された送信器は、新品と同じ期間保証されます
(モデルにより異なります)。

ページの先頭に戻る

HDシリーズ 【 圧力/生体電位/体温/活動量計測用 】

HDシリーズ

新しく開発された、ハイブリッド・デジタルプラットホーム
HDシリーズ・パラメータ

HD シリーズは、ハイブリッド・デジタルプラットホームにより、送信器(動物)のシリアル/ ID やキャリブレーションデータ、バッテリー動作時間をデジタル信号で伝送することが可能です。
  • キャリブレーションデータの自動読込み
    構成設定にかかる時間を短縮すると共に、入力ミスも回避します。
  • 動物IDとの整合性
    動物に埋め込まれた送信器IDを伝送して確認することができます。
  • バッテリー動作時間
    計測時間カウントにより、バッテリー残量のトラッキングが可能です。

型式 測定項目 主要対象動物 重量
(g)
容積
(cc)
バッテリー寿命
(ヶ月)
(保証)
圧力 生体
電位
血糖値 体温
HD-X02 2 1 マウス・小サイズラット・ハムスター等 2.2 1.7 1.5
HD-X10 1 1 マウス・小サイズラット・ハムスター等 2.2 1.4 1.5
HD-X11 1 1 1 マウス・小サイズラット・ハムスター等 2.2 1.4 1
HD-S02 2 1 ラット・モルモット 4.7 3.3 5
HD-S10 1 1 ラット・モルモット 4.4 3.1 5
HD-S1-F0* 1 1 ラット・モルモット 8.0 5.9 2
HD-S1-F2* 1 1 ラット・モルモット 8.0 5.9 3
HD-S11 1 1 1 ラット・モルモット 8.0 5.9 2
HD-S11-F2** 1 1 1 ラット・モルモット 8.0 5.9 3
HD-S20 2
1 ラット・モルモット 8.0 5.9 2
HD-S21 2 1 1 ラット・モルモット 8.0 5.9 2
HD-XG 1 1 マウス・ ラット 2.2 1.4 1.5

*HD-S1-F0/F2:ペアハウジング用モデル(F0:455KHz、F2:18MHz) 受信ボードはRPC-3を使用します。
                        ご注文時に、F0またはF2いずれかの周波数をご指定いただきます。

**HD-S11-F2:ペアハウジング用モデル(18MHz) 受信ボードはRPC-3を使用します。

グルコース連続計測ソリューション詳細はこちらから| HD-XG

Webinar録画リンク(YouTube、2017年6月公開/約1時間/英語):
Measuring EEG in vivo for Preclinical Evaluation of Sleep and Alzheimer’s Disease

■ 対象ケージサイズ:
[HD-X10/X11] 33 x 33 x 14cm
[HD-S10/S11/S21/XG] 42 x 42 x 18cm

■ 体温計測
イニシャル精度: +/- 0.1度
分解能: 0.05度
温度ドリフト: (電源投入後最初の2週間)0.1度未満、
(その後6ヶ月経過毎)0.1度未満

■ 圧ドリフト:
平均‐0.25mmHg/月 最大 2mmHg/月未満


ページの先頭に戻る

TA、ETA、CTAシリーズ 【 生体電位/体温/活動量計測用 】

TA、ETA、CTAシリーズ

長時間のバッテリー寿命を実現。各種生体電位や体温の計測に
TA、ETA、CTAシリーズ・パラメータ

TA シリーズは、体温の計測に使用可能な送信器で、バッテリー寿命が長く、加齢学や時間生物学等の研究プロトコルに適しています。
ETA/CTA シリーズは、ECG/EEG/EMG 等各種生体電位の計測に使用可能な送信器で、シリコン絶縁チューブで覆われた特殊ステンレススチールコイルのリード線は、バイポーラでの各種誘導に使用することが可能です。

型式 測定項目 主要対象動物 重量
(g)
容積
(cc)
バッテリー寿命
(ヶ月)(保証)
圧力 生体
電位
体温
TA11TA-F10

1 マウス 1.6 1.1 6
TA11ETA-F10
1
1 マウス 1.6 1.1 2
TA10ETA-F20
1 1 マウス 3.9 1.9 4
TA10TA-F40

1 ラット・モルモット 7.25 3.5 12
TA11CTA-F40
1 1 ラット・モルモット 8.0 4.2 6

■ 対象ケージサイズ
   F10モデル:33x33x14cm
   F20モデル:33x33x14cm
   F40モデル:42x42x18cm

■ 体温計測
イニシャル精度: [TA-F10] 0.15度
[ETA-F10] 0.25度
[TA-F40、ETA-F20、CTAシリーズ] 0.1度
分解能: [TA-F10、ETA-F10] 0.05度
[TA-F40、ETA-F20、CTAシリーズ] 0.01度
温度ドリフト: [TA-F10] (電源投入後最初の1ヶ月)0.05度
(その後6ヶ月経過毎)0.05度ずつ
[ETA-F10] 最大0.1度/月
[TA-F40] (電源投入後最初の2週間)0.05度
(その後6ヶ月経過毎)0.05度ずつ
[ETA-F20、CTA-F40] (電源投入後最初の2週間)0.1度
(その後6ヶ月経過毎)0.05度ずつ


ページの先頭に戻る

PAシリーズ 【 圧力/活動量計測用 】

PAシリーズ

特殊設計されたカテーテルを採用。各種圧力の計測に
PAシリーズ・パラメータ

PA シリーズは、各種圧力の計測に使用可能な送信器で、フラッシング等のメンテナンスが不要な、
特殊設計の施されたカテーテル先端で圧を感知します。
計測された圧からは、収縮期圧・拡張期圧・心拍数などを解析することが可能です。

型式 測定項目 主要対象動物 重量
(g)
容積
(cc)
バッテリー寿命
(ヶ月)(保証)
圧力 生体
電位
体温
TA11PA-C10 1

マウス 1.4 1.1 1.5
TA11PA-C10-TOX* 1

イヌ・サル 1.4 1.1 1.5
*JETシステム専用

対象ケージサイズ
   PA-C10:33x33x14cm

圧力計測
測定レンジ :-20-300mmHg
大気圧レンジ :670-800mmHg(海抜レベル最大625m)
イニシャル精度 :+/-3mmHg
圧ドリフト :通常2mmHg/月


ページの先頭に戻る

Multiplusシリーズ 【 圧力/生体電位/体温/活動量計測 】

Multiplusシリーズ

複数のパラメータを1 匹の動物で同時計測可能
Multiplusシリーズ・パラメータ

圧力・生体電位・体温等、複数の生体信号を1台の送信器で同時に取得可能なシリーズです。
複数チャネルの脳波信号取得のほか、心血管系パラメータ 血圧・心電・体温の同時取得等。大動物用では、圧2ch(血圧+ 左室圧等)が取得できるタイプや、インピーダンス法による呼吸信号の取得ができるタイプなどもございます。

型式 測定項目 主要対象動物 重量
(g)
容積
(cc)
バッテリー寿命
(ヶ月)(保証)
圧力 生体
電位
体温 呼吸
TL11M3-F40-TT (*1)

2
ラット・モルモット 7.5 3.5 4
TL10M3-F50-EEE
3

ラット・モルモット 11.5 5.5 2
4ET (*2)
4 1

ラット・モルモット SM:5.5
TM:7.5
SM:3.4
TM:5.4
3
TL11M3-D70-PCTR (*3)(*4) 1 1 1 1 イヌ・サル 49.0 33.0 2.5

デュアルモジュール送信器4ET(ペアハウジング対応)
センサー部分と、テレメトリー/ 電池部分のモジュールが2つに分かれたデュアルタイプの送信器です。4chの生体電位(EEG/ EMG/EOG/ECG)と体温の取得が可能。テレメトリモジュール部分のみをセルフ交換することが可能です。専用の受信器を使用。1台の専用受信器(RPC-2)で、2 匹の動物からの信号を同時に取得することが可能です。
4ET

上記記載仕様のパフォーマンス・精度の有効条件:
①バッテリー保証期限内での使用。②PONEMAHまたはDataquestA.R.T.データ取得・解析システムを使用。
③データサイエンス社出荷時のキャリブレーション値を使用。
*1 体温プローブカテーテルサイズ:φ1.8mmx13cm(長さ)
*2 SM:センサー部(sensing module)、TM:テレメトリー/電池部分(telemetry module)…ユーザー様ご自身でバッテリーの交換が可能です。 リード線長さ:50cm、SM-TM間リード線長さ:6.4cm(接続時)、周波数8MHz/18MHzから選択可能
*3 呼吸パラメータは、インピーダンス法による計測です(リード線長さ:60cm)。
また、圧力カテーテルの長さを選択可能です(25/35/40cm、先端部は12mm共通)。
*4 D70-PCTRは、 SolidTipリード線オプションをご利用頂けます。 Solid Tip リード線の付いたD70シリーズ送信器を用いることにより、大動物の心電図から、実質的に、筋肉によるノイズ・体動によるアーチファクトを取り除くことができ、皮下心電図に比べ、より扱い易いデータを得ることができます。また、この手法では開胸手術をせず、低侵襲で電極を上大静脈に配置し、II誘導波形に近い形状で振幅の大きい波形を得ることができます。 SolidTipリード線オプション

リード線先端部


■ 対象ケージサイズ
F40/F50/4ETモデル:42x42x18cm
D70モデル:100x100x100cm

■ 体温計測
イニシャル精度: [F40-TT] 0.45度
[D70-PCTR/4ET] 0.25度
分解能: [F40-TT] 0.01度
[4ET] 0.05度
温度ドリフト: [F40-TT] 0.1度(6ヶ月経過毎)
[D70-PCTR/EEEシリーズ/4ET] (電源投入後最初の2週間)0.1度
(その後)0.1度

■ 圧力計測
測定レンジ: -20-300mmHg
大気圧レンジ: 670-800mmHg(海抜レベル最大625m)
イニシャル精度: +/-3mmHg
圧ドリフト: [D70シリーズ]通常2mmHg/月
[C50-PT](1ヶ月目) 5mmHg未満、(2ヶ月目) 4mmHg未満、(その後1ヶ月経過毎) 3mmHg未満

ページの先頭に戻る

Solid Tip リード線オプション

PTDシリーズ・D70-PCTRは、Solid Tip リード線オプションをご利用頂けます。

Solid Tip リード線の付いた大動物用送信器を用いることにより、大動物の心電図から、実質的に、筋肉によるノイズ・体動によるアーチファクトを取り除くことができます。

Solid Tip リード線

SolidTipリード線


  • 皮下心電図に比べ、より扱い易いデータを得ることが可能
    アーチファクト・波形形態の変化のない心電図、高いS/N 比、ベースラインの安定
  • 優れた統計的検出能
    明確な波形特徴、インターバル検出の改善、一貫性のある結果データ
  • 侵襲を最小限に抑えた手法
    開胸手術の必要がありません。
  • 証明された手法
    同様の手法は、臨床でのペーシングに数多く利用されています。
    また、蛍光透視も不要。心房・心室に電極を挿入する必要がありません。


Solid Tip リード線

Solid Tip リード線
上. Solid Tip リード線電極の配置を表示するために、蛍光透視 撮影した写真。(イヌ)
下. Solid Tip リード線電極を使用したビーグル犬でのデータサンプル(枠内)

ページの先頭に戻る

体外ジャケット式テレメトリー (小動物用) 

小動物(ラット・モルモット)用に、ハイスループットが求められる試験に有用な、体外式のテレメトリー送信器:CA-EXTモデルが発売されました。

大動物用JET同様に、動物に装着したジャケットの内側に配置されたポケット(Lomir社製カスタムジャケットの場合)に送信器本体部を収納し、動物の体表に装着したスナップ(パッチ)電極とリード線を接続して計測します。

適用動物種 ラット・モルモット
計測可能項目 生体電位x1ch ・ 活動量
送信器容量・重量 7cc ・ 16.3g (リード線なし:10.2g)
バッテリー寿命 6ヶ月
リード線長さ 16cm
入力レンジ +/-10mV
バンド幅 1- 200 Hz
(サンプリングレート:1000Hz 時)
※ 最大ケージサイズ:420×420×180 mm
※ 対応ソフトウェア:PONEMAH v5.31~、v6.5(予定)~
※ 対応ハードウェア:データ変換マトリックス:MX2他
※ 交換用リード線ご注文型式:012311-001 (1対)
※ 送信器再生可否:不可(ディスポーザブルモデル)

[推奨スナップ電極]・Vermed A10012 ・3M 2660、2670
・Conmed 2710-003、2710-005、2710-030


ページの先頭に戻る

体外ジャケット式テレメトリー JET (中大動物用)

自由活動下の中大動物から、無侵襲で、
心電図・体温・活動量* 信号を連続的に取得可能


JET™は、安全性・毒性試験のために設計されたシステムです。送信器デバイスは、動物へのストレスを最小限に抑える大きさと重量( 約10cm 長さ、150g) に設計され、データの取得・解析は、安全性・毒性試験で定評のある、DSI-PONEMAH システムにて対応しています。
* アドオン追加で呼吸・血圧も可
JETマーク

最新の無線技術-Bluetooth を採用。
埋め込み手術なしの迅速な実験を可能に。

  • Bluetooth による信頼性の高いデータ通信&シンプルなシステム構成を実現
  • 一部屋で最大36 匹まで*2 のグループハウジングが可能( クロストークなし)
  • 一般的なスナップ電極とのワンタッチ接続が可能
  • 送信器の再充電が可能(リチウムイオンバッテリ)
  • リード線やケーブル類を容易に交換可能
  • ビデオ動画との同期が可能

*2:JET-EA-BP・JET-3ETA-BP の場合。JET-5ETA-BP は、18 匹迄。

JET計測パラメータ Bluetooth受信器・JET送信器
データ取得&高性能解析
データ取得&高性能解析
JET™で計測される信号は、ハイエンド・データ取得・実時間解析システム PONEMAH により、取得・解析することが可能です。
呼吸・血圧データの取得
呼吸・血圧データの取得
JET™は、アドオンを追加することによって、呼吸・血圧パラメータを取得することも可能で、心肺機能の関係を評価することもできます。(JET-3ETA-BP または、JET-5ETA-BP が対象)
ジャケット・アンダーシャツ
ジャケット・アンダーシャツ
JET™デバイスは、動物に着用させるジャケットのポケット内に収め、保護します。イヌ・サルを始め、各種サイズラインナップが用意されています。
JETパンフレット
※ JET™のより詳しい製品情報は、
専用パンフレットをご覧ください。
(画像をクリックしてください)

ページの先頭に戻る

この製品のメーカー

  • DATA SCIENCES INTERNATIONAL, INC

コンタクトフォーム

カタログのご請求
価格表のご請求
見積のご依頼
その他製品に関するご質問・ご相談※具体的なお問い合わせ内容をご記入ください。

キーワードから製品を探す

検索

メーカー名や製品のモデル名・型式などから検索することができます。スペースをあけて複数の単語を入力すると、 AND 絞り込み検索となります。