Product

実験動物用 圧-容積(P-V)計測カテーテルシステム

心血管領域

マウスラットウサギイヌサル

サービス・サポート情報

この製品に関するサービス・サポートのご紹介です。

実験動物手技トレーニングサービス 【圧-容積(P-V)カテーテル 留置手術手技トレーニング】

圧-容積(P-V)カテーテルシステムによる計測を行うには、カテーテルの埋込み・留置手術が必要です。

手術手技に慣れていらっしゃらない場合など、トレーニングサービスをお受け頂くことができます。弊社トレーナーによる実演・説明の後、ハンズオン実習としてお客様ご自身にも手術を行って頂きます。
(※半日コースの場合は、実演のみとなります。)
埋込み送信器手術トレーニングサービス

ページの先頭に戻る

コース内で説明される基本項目

  • カテーテルの基本的な取扱いについて
  • カテーテルメンテナンス方法
  • 取扱時注意事項

サービスお申込みの際、事前チェックシートをお渡しさせて頂き、
お客様のご要望や事前確認項目等について、ヒアリングさせて頂きます。
アプローチ部位についても、その際にご要望下さい。

ページの先頭に戻る

所要時間


 1日コース


弊社トレーナーによる実演の後、
ハンズオン実習で実際にお客様にも手術をして頂きます

1回のコースで受講できる方は、
3名様までとさせて頂きます。

 半日コース


弊社トレーナーによる実演のみ

  • コースの標準所要時間は、1日コース/7 時間、半日コース/3.5時間を想定しています。
    実施内容により時間延長も可能ですが、有料となります。
  • トレーニング中に使用する消耗品は、別途ご請求させて頂きます。
  • 担当トレーナーのスケジュール確保、部屋の確保(弊社研究室で実施の場合)、必要物品調達等のため、
    ご依頼の際は、できるだけ実施希望日の1ヶ月程度前までに担当営業までご連絡頂けますよう、お願い致します。
  • トレーニング終了後、作業完了報告書を発行させて頂きます。


ページの先頭に戻る

ご用意いただくもの ※オンサイトの場合

  • 被験動物
  • 麻酔薬・装置
  • 動物保温・バイタルモニタ設備
  • 抗生物質・鎮痛薬・消毒薬
  • 実体顕微鏡(カテーテル留置部位により)
  • 手術用具
  • 保護具(白衣、手袋、マスクなど)
  • 人工換気装置一式(開胸時)

ページの先頭に戻る

受講場所

お客様の研究室に弊社スタッフが出向かせて頂くオンサイトでの受講または、
プライムテック ライフサイエンス研究室(東京大学農学部キャンパス(文京区弥生)内 フードサイエンス棟4F)に
お越し頂いての受講も可能です。

商品名 ご注文型式
圧-容積(P-V)カテーテル
留置手術手技トレーニング
1日コース 【オンサイト】*1 Training(Transonic-PV/OS1.0d)
半日コース 【オンサイト】*1 Training(Transonic-PV/OS0.5d)
1日コース *2 Training(Transonic-PV/LABO1.0d)
半日コース*2 Training(Transonic-PV/LABO0.5d)
*1 : オンサイトで行わせて頂く場合、別途派遣費・宿泊費をご請求させて頂きます。
*2 : 弊社研究室で受講頂く場合、トレーニングで使用する動物や必要な器具、消耗品は、弊社で準備致しますが、
動物や消耗品につきましては、別途費用をご請求させて頂きますので、予めご了承ください。


Labo Banner


ページの先頭に戻る

アプローチ部位一覧

その他のアプローチ部位を希望される場合は、お問い合わせください。

No. 対象製品/モデル 使用動物 アプローチ部位 対応アプリケーション
11 圧- 容積(P-V)
カテーテル計測システム
マウス 頚動脈経由左心室 左心室圧- 容積計測(閉胸)
12 左心室 左心室圧- 容積計測(開胸)
13 頸静脈経由右心室 右心室圧- 容積計測(閉胸)
14 右心室 右心室圧- 容積計測(開胸)
15 ラット 頚動脈経由左心室 左心室圧- 容積計測(閉胸)
16 左心室 左心室圧- 容積計測(開胸)
17 頸静脈経由右心室 右心室圧- 容積計測(閉胸)
18 右心室 右心室圧- 容積計測(開胸)

ページの先頭に戻る

お知らせ
現在お知らせはありません。

コンタクトフォーム

障害・故障連絡フォーム